いもムシのマネーバイブル

20代道産子女子による、20代女子のためのマネーブログ

いもムシのマネーバイブル

洗濯の救世主となるか…!?:【マネーな考察】ドラム式洗濯機編

マネーな考察:ドラム式洗濯機編

(´Д`)ハァ…洗濯した後の干し作業とかマジで死ぬ…。
休出(※休日出勤の略)もない休みにこんなんとか…。
あぁ゛ー!!!誰かどうにかしてッ…!

どうも、いもムシ(@imomuMoneyTree)です。

前回に引き続き、マネーな考察シリーズをお送りします。
今回はドラム式洗濯機編です。

実はですね…このドラム式洗濯機、ホントは買うつもりなんて毛頭無かったんです…。
だってねぇ?めっちゃ高いんですよ、コレ!型落ちでも、10万で買えないんですよ、コレ!

なんですけど、
「洗濯物干すのめっちゃ面倒くさいじゃん!?ね?だから買おうー!?」
と彼にせがまれ、しぶしぶ買いました…。
もともと引っ越しを機に壊れ気味だったので買い換えようとは思ってはいたんですけどね、まさかねドラム式買うなんて思ってもみませんでした…。
いやぁ~めっちゃ高い買い物でした( ^ω^)…。

前置きはともかく、今回も前回と同様、以下4点について考察します。

  • 導入までのトータルコスト
  • ランニングコスト
  • 時間的コスト
  • 身体的・精神的コスト

なお、導入に至った背景も同じです!

  • アラサーで共働きカップルで同棲中。
  • 家事に時間を割きたくない!自分の時間を増やしたい!
  • (残業とかで)平等に家事ができなくてイライラする。

これから増加が予想される社会人カップルやDINKS、
子ありの共働きの方々は必見です!

では見ていきましょう!

1、ドラム式洗濯機って?タテ型洗濯機と何が違うのさ?

両者で大きく異なるのは、洗濯機能乾燥機能です。

洗濯機能だと、ドラム式では「叩き洗い」、タテ型では「こすり洗い」と、洗い方が異なり、ドラム式は比較的洗浄力が落ちるとされていました。

が、洗剤の洗浄力やドラム式自体の洗浄力も上がってきたことから、
そうでもなくなったようです。

「ドラム式って落ちにくいって聞いたけど…?」って先入観あるかもしれないですが、
「大して変わんないと思う。ってかそんなの分からんw」
というのが実際使ってみての感想です(笑)

で、乾燥機能だとかなり変わります。ドラム式が圧倒的です。
効率的に乾燥でき、シワが残りにくいなど仕上がりが綺麗になります。かつ電気代もタテ型と比べ安く済むというのもポイントです。

ただ、ドラム式の場合は設置に注意です。
タテ型ではドアを上向きに開けるため、洗濯機の設置スペースだけ気にしておけばいいですが、ドラム式の場合は手前に開くため、ドア分のスペースが必要です。スペースに余裕がない場合はタテ型にすることをオススメします。

2、導入までのトータルコスト

トータルコストとか言ってますが、かかるのは本体代だけです。

…が、ドラム式は本体だけでもかなり高額です。平均で20万円前後になります。

今回わたしが購入したのはこちらですが、こみこみで16万円になりました。

タテ型洗濯機の相場6~8万円に比べると、倍以上です!いや~本当に高い!
この高さはマネーな考察では、デメリットですね。
この額を見て、「やっぱ買うのは無理…」となった方もいるでしょう。(わたしもホントは買いたくなかった…w)
この高さのハードル越え難いです…。

3、ランニングコスト

コスト計算時の想定としては、

  • 洗濯は週末にまとめて2回。
  • 毎回の洗濯物量は、5~6kg。
  • 毎回乾燥機能使用。

としています。(実際のわたしの家での洗濯状況はこんな感じです。)

で、年間いくらの節約になるのか?

以上を参考に計算したところ、
10852.4円(タテ型)5584.8円(ドラム式)=5267.6円の節約になるようです。

ですが、ドラム式とタテ型では価格に倍以上の差があります。
仮にドラム式が16万、タテ型8万円で比較しても、ドラム式の元を取るには
なんと16年間も使い続ける必要があるということになります!全く現実的ではないですねぇ(笑)

ということで、マネーな考察としては、ランニングコストではメリットありですが、
トータルコストを補うまでにはならない、というのが結論です。

4、時間的コスト

先ほどの想定で上げたように、毎回乾燥機能を使用すれば、洗濯物を干す作業をする必要はほぼないです。(乾燥できないものは別として)

毎回のこの作業にかかる時間を15分、洗濯は週2回で考えると、1ヶ月で2時間程、年間で1ヶ月で26時間の時短となります。食洗機と比べると時短効果はあまり高くないですが、もっと洗濯するよ!というのであれば、より時短効果も高まるでしょう。

こちらはマネーな考察的に、洗濯頻度に左右されてしまうので、大きくメリットになるかと言ったらそうでもないという微妙なところです。

5、身体的・精神的コスト

身体的コスト面でのメリットは特にないですが、精神的コストはかなりカットされます。
というか、カットされました!

干す作業をやる必要がなくなったのは、気分的にかなり楽です!

トップスやボトムスであればまぁいいにしても、靴下とか細々したものを干す作業は、正直めんどくさ過ぎてハゲます!(笑)

週末にまとめて洗濯すると言いましたが、土日の貴重な時間を分かりづらい靴下(特に彼の)を見分けて探して干す作業に割いてるとか、マジもったいなさ過ぎだったなぁと思います。
干す作業というか、何か家事1つをやらなくて済むのは、本当に楽だし、家事ストレスを溜めずに済みます。

マネーな考察的にこちらはメリットになると思います。

6、まとめ:価格の高さがデメリット

以上4点について総括すると、やはり価格の高さがデメリットです。

確かに6kgの洗濯物も3時間で乾燥してくれるし、干す手間を考えれば買いなのかもしれないですが、本体価格が高すぎて元を取るまでに時間がかかり過ぎます。
16年で元が取れるとか書きましたが、まずそんなに持つわけもないでしょう(笑)

というわけで、ドラム式洗濯はストレスはカットしてくれるけど、値段の張る高級家電でした!
けど!タテ型でもなんとか乾燥機能使いたい!のであれば、衣類乾燥機(乾燥するだけの家電)をオススメします。タテ型と衣類乾燥機を買ってもドラム式の価格を超えないと思いますので。


それでは:D

迷っているなら買わなきゃ損!チャンスは増税前の今だけ!:【マネーな考察】食洗機考察編

【マネーな考察】:食洗機考察編

今日も残業かぁ…。疲れて帰ってきて、この時間から料理とか無理ッ…!
あーーー!シンクの洗い物見たら発狂する…!!

どうも、いもムシ(@imomuMoneyTree)です。

前回の「【マネーな考察】食洗機設置編」では、時短家電であり、新・三種の神器となった食洗機とは、一体どんなものなのか?についてまとめました。
(まだ読まれて無い方はこちら↓からどうぞ!)

www.imomushimoneybible.com

今回は実際にわたしが買ってみて、日々の暮らしがどれくらい変わったのか?をまとめつつ、
導入することで得られるメリット・デメリットおカネの観点から考察していきます。考察ポイントは以下です。

  • 導入までのトータルコスト
  • ランニングコスト
  • 時間的コスト
  • 身体的・精神的コスト

食洗機については分かった!だが買うまでには至らん!もっと情報が欲しい!という方!
ぜひ本記事をどうぞ!

なお、食洗機購入の背景については、前回でも紹介したとおり、

  • アラサーで共働きカップルで同棲中。
  • 家事に時間を割きたくない!自分の時間を増やしたい!
  • (残業とかで)平等に家事ができなくてイライラする。

といった感じです。

それでは見て行きましょう!

1、導入までのトータルコスト

実際に使えるようになるまでにかかる費用は以下のようになります。

item 必須 コスト
食洗機本体 30,000円~
分岐水栓 10,000円~
専用ステンレス置き台 ×(スペースがあれば不要) 4,000円
高さ調節脚 ×(〃) 4,600円
工事(分岐水栓の取り付け) ×(自分で設置すればタダ) 5,000円程
Total:およそ54,000円+税~

ということで、どんなにがんばっても4万円以上はかかります。
これを安いか高いかと思うかはあなた次第!になってきますが、
それ以上に高くつくのは設置の労力(コスト)です。

前回でも「設置が最難関の問題」とは言いましたが、設置の難しさと、もはや本体代以上にもなりそうな設置費用が食洗機のデメリットでしょうし、シェアが伸びない理由でもあるでしょう。

本体以外にもおカネがかかるしのに、設置も大変なの!?そういうの困るんだけど!!となると、マネーな考察的に、トータルコストはデメリットです。

とまぁここまで、さんざん言ってきましたが、設置は確かに大変だけど一度置いてしまえばこっちのもん!というのが個人的な感想です。

キッチンに周りにスペースが無い!となれば、メタルラックなどを利用するとか、工事費用を節約したい!となれば、youtubeの取り付け方動画を参考にするとか、いくらでも知恵を絞れます。

分岐水栓だのなんだのとか買いたくないんだけど!?という方には、工事不要と謳われている、「Jaime」がオススメです。

タンク式のため工事不要とのことですが、何度も水を入れる手間のことを考えて選びませんでした。

2、ランニングコスト

次は食洗機を動かすのに必要なコストです。

*水道代
手洗いと比べて水道代は安く済みます。少人数世帯向けの「プチ食洗」では、手洗いの1/4の水量で洗えるとのことでした。(食洗機自体大きくなればその分節水効果も高まります。)

*電気代
節水になる一方で、電気代は割りとかかります。主に湯沸しと乾燥に使用され、1度におよそ20円かかるとされています。
手洗い時にはかからないコストのため高く見えると思います。
ですが、手洗いの給湯にかかるガス代+水道代と、食洗機での水道代+電気代を比較すると、食洗機に軍配があがります。なお、給湯器で暖めたお湯を使用する、乾燥機能を使用しない、などすることでコストカットが可能です。

*食洗機用洗剤
専用洗剤が必要になります。台所用洗剤が使えない点に注意です。(※故障します。)
いくつか種類はありますが、一番リーズナブルな粉末タイプだと、
200回分入って452円+税(1回あたり2.3円)になります。

1日2回分使って3ヶ月持つ計算です。

vitalenta.net

割高に見えますが、台所用洗剤も大体1ヶ月で250ml1本を使い切ることを考えると、食洗機用洗剤がはるかに高いということはありません。

とまぁここまでつらつら書いてきましたが、より詳細な情報は食洗機筆頭メーカーのパナソニックがまとめてくれています。

panasonic.jp

年間およそ5000円のランニングコストカットになるとのことですが、
メーカー主催発表なので、多少の水増し報告がされてはいるとは思います。

が、手洗いよりも節約になることは間違いないです。
こちらはマネーの観点からしてプラスになると思います。

3、時間的コスト

どれ程度の時短になるのか?です。

結論から言いますと、手洗いの半分以下の時短になります。

実際食洗機の洗浄時間は約1時間かかりますが、洗ってくれているときには人の手がかからないため、この時間は考慮していません。ですので、食洗機で食器洗いする場合は手がかかる時間(食器を食洗機にセットする時間)だけを考慮しました。

え、それでも半分以下ぐらいなの…?とか思うかもしれないですが、食洗機が威力を発揮するのは、タッパーや弁当箱など油汚れが落ちにくい食器を洗うときです。

いわゆるプラスチック食器は2度洗いが基本なため、かなり時間を食います。先ほどのインスタのリンク上では10分を切っていますが、このほかにもタッパー系の食器があれば10分は切れなかったでしょう。

食洗機では高温のお湯でしっかり洗ってくれるため、2度洗いの手間もありません!
お昼は弁当派のわたしにとっては強い味方となってくれています。

しかもわたしと彼の場合、IT業界に身を置いているため(?)、定時で上がれることがほとんどなく、帰ってきたら22時とか日をまたいでるとかもよくあります。(あれ、ブラック…?)

そんな私たちにとっては、10分が5分以下になってくれるのは非常にありがたいわけです。
(だって本当に時間が無い…)

というわけで時短効果は絶大です。こちらもマネーの観点からしてプラスとなります。

4、身体的・精神的コスト

食器洗いによる、心と体への負担をどれほどカットできるかです。

茶碗洗い大好き!なんて方はこの記事を読んでいないと思いますがw、できるかぎり労力を割きたくない作業だと思います。

個人差はあれど、食器洗いは腰痛手荒れ(わたしも手荒れに苦しんでおります…)などの原因になります。(身体的負荷)また、茶碗洗い自体が非常におっくうな作業でもあります。これから増えることが予想される共働き世帯では、

残業で帰ってきてどっちも疲れている→どっちが家事をやるかで揉める

なんてことも起きるでしょう。正直疲れて帰ってきたときの茶碗洗いほどむなしい作業はないと思います。洗濯みたいに何日もためておくこともできないので、毎日やらざるをえません。

やりたくなくてもやらなきゃいけない…となると精神的ダメージはかなりデカいです。

ですが、食洗機だと、食器をセットするほんの2、3分で作業は済み、手荒れや家事の分担に悩む必要はなくなります。身体的・肉体的コストについても、プラスに働くでしょう。

5、まとめ:食洗機はマネーな考察的にプラス

ということで、以上4点について考察しました。

トータルすると、食洗機はメリットだらけの家電です。

確かに、今回紹介した「プチ食洗」だと節約効果が薄いため、10年でようやく初期費用の元が取れる計算なので、あまりうまみがありませんね。

ですが、時間という資産に目を向ければ、1日で少なくとも10分以上(1日2回の食器洗と仮定)、
1週間で70分、1ヶ月ではなんと4時間40分の時短になります。

この時間を副業や投資、ブログ執筆などに充てれば、10年を待たずとも元が取れるはずです。

kurashinista.jp

わたしも、食洗機でカットできた時間のほとんどはブログに宛てているような状態です(笑)
それに、面倒な食器洗いでイライラすることもなくなり、精神衛生も改善できた気がしていますw

ってなわけで、食洗機は時間とおカネの両資産に投資できる優れもの!だということで、締めくくりたいと思います。

それでは:D

共働き必見!まだ買ってないの??なら今すぐ家電量販店にGO!:【マネーな考察】食洗機設置編

【マネーな考察】食洗機設置編:共働きなら絶対買うべき!!

今日も残業かぁ…。疲れて帰ってきて、この時間から料理とか無理ッ…!
あーーー!シンクの洗い物見たら発狂する…!!

どうも、いもムシ(@imomuMoneyTree)です。

今回から4回にわたり、マネーな考察:時短家電編を書いていきたいと思います。
これを書くにあたっては、

  • アラサーで共働きカップルで同棲中。
  • 家事に時間を割きたくない!自分の時間を増やしたい!
  • (残業とかで)平等に家事ができなくてイライラする。

というわたしの現状があったわけです。仕事で疲れてるのに、家事なんてやってられないぜ( ^ω^)…と。ですが、このような問題は自分に限らず、これから増加が予想される社会人カップルやDINKS、子ありの共働きにもおおよそ当てはまることだと思います。

で、わたしと彼はどうしたのかって言うと、引っ越しを機に新・三種の神器を買って、(全部は無理だけど)家事にかかる時間をかなり減らすことができました。

というわけで、同じ悩みを持ちつつも、時短家電って正直どうなの…?って思われている方に向け、ぜひ導入をオススメするために、このシリーズを始めました。
購入を迷っている方は、ぜひ参考にしてください!

初回はタイトルにもあります食洗機設置編となり、タイトルにもあるマネーな考察は次回となります。(考察内容も次回で)今回はまず食洗機とはどんなものかを知る触りです。

なお、今回の読者ターゲットである20代カップルでは、大半が賃貸住みであることが予想されますので、卓上型タイプ(詳細は本文で)をメインに書いていきます!

それでは見て行きましょう。

1、どうなの?高いの?便利なの?食洗機事情!

とりあえずですね、ポジティブorネガティブなイメージがある食洗機ってどんなものかを簡単に紹介します。

家庭用のものは現在、「食器洗い乾燥機」と呼ばれるタイプのもの(食器を洗い終わった後に、温風で乾燥させるタイプ)が主流。食器洗い機専用洗剤を入れて運転させることにより、数十分から一時間ほどで、洗浄・すすぎ・乾燥が行われる。

システムキッチンなどに組み込む「ビルトインタイプ」、キッチンの片隅(流し台やコンロが組み込まれている台の端)などに置く「卓上タイプ」がある。

通常の手洗いでは使用出来ないほど高温のお湯(摂氏70℃から85℃)や高圧水流を使うことにより汚れを効果的に落とし殺菌効果も高い。
食器洗い機 - Wikipedia

というものでして、家に無くても飲食店でバイト経験があれば使ったことある!という方もいるんじゃなかろうかと思います。
参照に出てきました「ビルトインタイプ」「卓上タイプ」は以下のようなものです。

食洗機(ビルトインタイプ)
ビルトインタイプ
食洗機(卓上型タイプ)
卓上型タイプ

肝心のお値段ですが、ビルトインタイプで工事費込み11万円~17万円、卓上タイプで3万円台後半~7万円となります。画像からも分かるかと思いますが、ビルトインタイプは賃貸ですと設置がかなり難しく、高確率で家主からNGが出ますので、卓上型タイプを強くオススメします。

ちなみに、日本での普及率はおよそ3割と、食洗機先進国の欧米(普及率80%)に遠く及びません。

また、パナソニックが行った調査によると、日本国内での普及率は「西高東低」となったらしく、普及率ワースト1位はなんと北海道だということでした…。(不名誉の極み…。)

どうも、北海道では贅沢品だと思われているようです…w
ですが、単刀直入に言いましょう!スマホをsimフリーにすれば、買えます!決して贅沢品ではありません!

2、購入した食洗機はこれ!

で、導入したものはこちら。

メーカーの発表によれば、少人数世帯向けの「プチ食洗」という扱いで、3人分の食器(18点)が入るとされています。ちなみに、卓上型タイプは容量が大きくなればなるほど、値段も比例して高くなり、ファミリータイプだと5万円~が値段の目安です。

「えッ、もっと高いのかと思った…!」となったかもしれませんが、食洗機自体は決して高いものではありません。しかも、ほとんどに乾燥機能がついていますが、無しバージョンもあり、それだと3万円を切ります。

今回買った食洗機についての雑感としては、3人分入ります!とは謳われているものの、正直2人で使っていても少し小さいな…とは思いますが、それを考えても買わないという選択肢はなかったと思っています

購入の際は、ご自身の家族スタイルに合わせて選んでみてください。

3、食洗機は設置が最難関の問題。

さて、卓上型タイプには最難関の問題があります。

それは設置です。

よく考えれば分かるかと思いますが、がないと食洗機は使えないので、キッチンの水周りに設置する必要があります。そんなの簡単じゃーん!と思うかもしれないですが、先ほど挙げたプチ食洗でも、幅47cm奥行30cm以上の設置スペースが必要です。

食洗機の設置場所を確保しつつ、料理ができるスペースをキープとなると、なかなか難しいと思います。カップルが同棲する間取りで人気の、1LDKや2LDKではそこまでキッチンが広い賃貸も多くはないという印象です。

その上、キッチンの水道に分岐水栓を取り付けなければ使えず、なんとこの分岐水栓が1万円~ともはや食洗機本体よりも高くつくのでは!?と設置のハードルはかなり高いのです。(便利とは言うものの、シェアがあまり伸びない理由が分からなくもないと思います。)

で、わたしはどうしたかと言いますと、同棲する物件選びから念入りに準備しました(笑)
ポイントはカウンターです。キッチンが若干狭くても、カウンターを利用することで、設置はそこまで難しくありませんでした!

参考までに、こんな感じで置いてます。

食洗機設置の見本画像

わたしのところもそうですが、カウンターの幅が足りなくても慌てずに。以下のツールを使うと置けます。

ぜひ、知恵を絞って設置場所を確保しましょう!

4、まとめ

いかがでしたでしょうか。

食洗機がどんなものなのか、少しでもイメージが湧いてもらえれば幸いです。
また、食洗機に対するネガティブ(?)なイメージも多少払拭できていれば幸いです。

本格的なマネーな考察は次回以降になりますが、食洗機を買ってみての個人的な感想をこの場で少し書きたいな思います。

はっきり言ってめちゃくちゃ楽です!正直食洗機のおかげで、毎日のブログ執筆時間を確保できてる!と言っても過言ではないと思ってます。まぁ生活がガラリと変わったとは思ってませんが、共働きカップルであるなら、少しでも家事(時)短しないとな…とは思います。

そうでなければ、子ども産んで育てて…なんてまるっきり想像できないですしね( ^ω^)…。
ということで、再来月には消費税も上がりますので、今悩んでいる方はぜひ購入をオススメします!
それでは:D